仕事内容
本気で仕事して初めて、経営者は自分を対等に扱ってくれる

kue2000329

信頼しあうパートナーをめざす

── 栗原さんと江崎さんのお二人には、「経営者との関係」について語ってもらいたいと思います。栗原さん、江崎さん、よろしくお願いします。

栗原

江崎

よろしくお願いします。

栗原

ぼくたちのお客様って中小企業の社長さんじゃないですか。ベンチャーサポートは、どの担当者も社長さんと会って打ち合わせをするんで、緊張感も凄いですよね。

江崎

そうですね、最初は緊張感しかなかったです。少しづつ仲良くなって、こっちも慣れてきて、やりがいを感じられるようになりました。余裕が出始めてからわかってきたんですが、わたしのお客様の「社長」と付き合うっていうのは、力を試されますね。

栗原

はい、最初のうちは、対等に見てもらえないことも多かったです。社長からすれば、社労士に対して期待が高い分、頼りない相手だと思ったらガッカリされてしまうんですね。江崎さんはどうやって対等に社長と付き合えるようになったんですか?

江崎

んー、難しいですが、いろいろな提案ができるようになってからかなと思います。提案ができなければ絶対に対等に見てもらえないです。法律上の答えを話すだけでは、全然ダメ。「リスクは分かったけど、会社としてはこうしたい。どうすればそれが達成できるの?」ってところまで求められるんですよね。

栗原

そうなんですよね。法律の内容より、それを踏まえた提案が大事。あと、社長の気持ちの部分を考えるのも大事です。「労基法ではこうなってます、でも従業員さんにもいろいろありますよね。今は、ここまではやっておきましょう」っていうように、社長に共感しながらやっていく感じ。

江崎

そうそう。でも、ダメなことはダメなんです。それをどう伝えるか。納得してもらう伝え方ってあるんですよね。社長の気持ちや状況を考えて、言葉の伝え方や受け取り手のイメージをして伝える。こういう共感が大事です。

栗原

ぼくは、最近は仲がよくなった社長と月に1回、ご飯にいくんです。そこで勉強になるのが、社長ってこういう悩みや苦労があるんだ、っていうリアルな経営者の姿を見れることなんです。

こういう経験ができるようになると、テクニックとしての伝え方だけじゃなくて、共感したうえで、「社長は今、何を考えてるだろう」を先取りして考えることができるようになってきました。まだまだ勉強中ですが(笑)

江崎

そうですね、お客さんが口に出してないことをくみ取るのも社労士の仕事ですね。くみ取って、解決策を提案するのが社労士の仕事だし、その提案の引き出しが知識ですね。だから知識だけでもダメ、気持ちだけでもダメ。両方あってプロとしての社労士ですよね。

栗原

知識だけでも、気持ちだけでもダメっていうのは、ぼくもよくわかります。 社長といっぱい話をして、いろんな考え方を知って、いろんな経験が少しずつ増えてきて、実務的な知識も増えてきて、やっと自信がついてくるようになりました。

江崎

プロとして認められて社長と対等な関係になってくれば、話を聞く姿勢が変わりますね。対等でないときって、どこか軽く見られてる感じがあるんですが、対等になると、「江崎の言うことだから大事なことなんだよね。」と身を乗り出してきます。これは社労士の資格の有り無しや、年齢じゃないと思います。

栗原

特に厳しい話をするときとかですね。厳しい話は、ぼくたちも伝えてるつもりなんだけど、本当のところは伝わってないこともある。誰にとっても耳に痛い話なんで、喜んで聞いてくれる人は少ないですよね。

江崎

ですね。でも、お尻に火がついてからでは遅い。対等になれてないときは、なかなか聞き入れてもらえない。「どうしようもなくなってから対応するわ」っていう人もいるし。

栗原

そう言われたときって、自分の力不足を感じるときですね。もし先輩が対応してたら、実はわかってもらえたんじゃないかって考えてしまうこともあります。

江崎

言われないように、もっと成長しましょう!

栗原

ですね。

江崎

まだまだ試行錯誤中ですが、わたしは社長をリスペクトしてますし、社長もわたしが言うならダメなんだな、ってわかってもらえる関係を作ることが今は一番のやりがいです。これは他の企業で働いているときは絶対に感じられなかった醍醐味ですね。

栗原

ぼくも同じです。知識で社長はリスペクトしてくれるわけではないですよね。それで対等とは思ってもらえない。経営者の気持ちがわかる人だな、この人は味方だな、と知識ではないところで認めさせる。それが士業の仕事ですよね。

江崎

あと、誠意を尽くすのが大事だと思います。誰の方を向いて仕事をしてるのか、誰のために仕事をしているのか。それは社長も敏感に察知してますね。

栗原

誠意、大事ですね。今思い出すと、最初はきっちりした仕事をしていくことが大事で、その中でチャンスが来る。社長が困ったときなんかに、ぼくの助けを必要とする時が来る、そこでどう対応できるか、ですね。誠意を持って、調査のときや従業員さんのトラブルを一緒に乗り越えた時とかに一気に信頼が深まりますよね。

江崎

そうですね。信頼関係は、いきなり深くはならないのでまずは「メールを受信したらすぐ返す」ことや、「不足資料をこちらからくださいという」っていうキチンとした仕事をすることが最低限です。こういうやるべきことをきっちりやって、もうひとつ上のステージになったら、自分にお金を払ってもらう価値がある、自分も経営者として対等に見てもらうステージがあるって感じですね。

栗原

社長はよく人を見てると思います。「この人、凄いな。ここまでやる人なんだ、本気で仕事をしてる人なんだ」っていう思ってもらえるかが勝負ですね。一度頼りになるなと思ってもらえたら、それからはずっと対等な深い信頼関係になりますね。

栗原

これって考えたみたら士業として当然のことですよね。自分が独立したら個人事業主として当然持つ意識。それが対等になるための条件だと思います。

江崎

社長との関係は「仲良し」と近いけど、また違う。もう一つ上の関係がある。友達みたいな関係だけど、でも、人柄や仕事の取り組み方や人間性なんかもわかりあえたら、もっと信頼しあうパートナーのような関係がある。そういう関係をこれからも作っていきたいと思ってます。

インタビュースタッフ Interview
  • 江崎さん
  • 栗原さん
  • 仕事内容
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • 募集要項