スタッフ紹介

やる気があれば、いろんなことをやらせてもらえる会社

中村 公治 NAKAMURA KOJI

なぜベンチャーサポートに入ろうと思ったのですか?

中村

僕がベンチャーサポート社労士法人に入ろうと思ったのは、「地味なイメージが強い士業の業界でエネルギッシュに急成長を遂げていたから」です。
これだけ急成長をしてる社労士事務所なら、いろんな人がいるだろうと思いました。そして、いろんな人から刺激をたくさんもらって自分自身の実力を伸ばせそうだな、と感じたのが入社の志望動機です。
入社前にホームページを見て、若い人が多いことに驚きました。士業ってだいたい年配の人が多くて堅いイメージを持っていたのですが、ほんとに若い人が多かったので。実際に入社してみると「ホームページのイメージ通りなんだな」と思いましたね。若い人ばかりで、明るいし元気がいいです。同じ年代の人が多いので切磋琢磨できる環境だということも、思った通りでした。同年代には負けたくないです(笑)

どんな仕事をしていますか?

中村

今 僕がやっている仕事は、社会保険の入退社手続き・給料計算・労働問題の相談などです。
最近は助成金や就業規則の作成に力を入れています。今までやったことがない仕事なので勉強になりますし、楽しいですね。
大事なところは社長と直接話をしながら進めていきます。経営者と直接話をするのは本当に勉強になります。特に経営者の大変さを知ることは、とても成長につながります。
社長は腹が立ったり悲しかったり、いろいろな感情を持っています。特に人に関わる問題は、時には横領などの事件もあるので、感情なしでは付き合えません。そういう時に、ただ手続きとして作業するか、もっと感情の面まで一緒に問題解決をしたのかで信頼が変わると思っています。

 

べンチャーサポートに持っていたイメージは?

中村

入社前にホームページを見て「勢いがあって若いな」と思ったのですが、逆に、入社して働いてみたら実は同じなんじゃないか?と不安に思ってました。
それが、良い意味で裏切られましたね。やる気があればいろんなことをやらせてもらえる会社です。今は就業規則などのスキルを上げて、社長にもっと突っ込んだ提案をできるようになりたいです。

仕事の楽しさ、やりがいは?

中村

この仕事のやりがいは何と言っても、「社長から信頼をしてもらえるようになった時」です。
信頼してもらえるようになると、相談内容がどんどん深くなります。給料の金額どうしたらいいと思う?昇給はいくらぐらいがいいと思う?というような労働基準法の領域ではなく、“経営の領域の相談”もしてもらえるようになってきます。僕自身も今、社労士の仕事をしていて楽しいです。

どんな社労士になりたいですか?

中村

シンプルですが、どんな相談を受けても即座に対応できるような社労士になりたい。それが僕の夢です。
相談の内容は、労働基準法とかの知識だけじゃなくて、もっと経営的な質問も含んでます。特に、人の問題は全部ですね。
社労士って本来、“人間的なサポート”をする仕事だと思うのです。人のマネジメントまでできるようにならないと、作業屋さんに終わると思います。そのためには常に人としゃべって経験を積む。そして、柔軟に考える。テキストに載っていない答えが必要なので、いろいろな経験をしていくことが必須だと思ってます。

仕事をしていて注意することは?

中村

自分がする作業に間違いがまったくないことはもちろんですが、忙しい時にでも人のことを気にかけられるようになりたいと思ってます。どんどん後輩も入ってきてるので、自分のことだけをするというのは絶対やめようと思ってます。
お客さんに対してもそうです。例えば、税務のスタッフから突然「一緒に同席してもらえませんか?」って言われることがあります。そんな時は喜んで同席するようにしてます。社長と話すことが自分の経験値を高めると思っています。

 

ベンチャーサポートが他と違うところは?

中村

職場は明るいですね。誰にでも聞ける雰囲気もあります。同世代が多いからでしょうね。そこが圧倒的に違うと思います。
仲が良いので、用事もないのに来てちょっと雑談をして席に帰っていく、みたいなこともありますよ。そういう雰囲気があるから普段からも質問しやすい。

休日の過ごし方は?

中村

趣味は音楽を聴くことなので、部屋でずっと音楽を聴いてます。
ジャンルは何でも。邦楽からロックまで、演歌以外何でもです(笑)

後輩への一言お願いします

中村

他の事務所と全然違う雰囲気です。自分次第でどんどん成長できるからこそ、自分でどうなりたいのかを考えておかないといけない。手本になる先輩はたくさんいるので、“こんな人みたいに働けたらいいな”っていうイメージは付きます。
それと、まずやる。周りがみんなエネルギッシュなので、どんどん行動します。じっとしていたら置いて行かれそう。だから “走りながら考える”っていう感じも大事です。走って走って、ふと立ち止まった時に、昔の自分では考えられないくらい成長できてた! ベンチャーサポートは、それくらい仕事に夢中になれる環境だと思います。