スタッフ紹介

個人の社労士事務所とはイメージが違う! 入社する前と後のギャップは?

樋口 知恵 HIGUCHI CHIE

転職した理由は?

樋口

私はベンチャーサポートに入社する前に個人の社会保険労務士事務所で勤務をしていまして、その後に労働基準監督署で働いた後、ベンチャーサポートへ入社しました。
個人の社会保険労務士の事務所で働いていた時に感じていたのが、「もっと幅広い仕事をしたい」ということです。個人事務所ということもあって、所長を頂点としたピラミッドみたいな組織ができあがっている感じがあって、所長の社労士さんが意思決定や判断は行い、職員の私の仕事は書類作成などの補助業務ばかりだったんです。せっかく社労士になったのに、この仕事ではスキルアップができないなと思ってました。

その他にはありますか?

樋口

他の希望として、“会計と連動する仕事をしたい” というのもありました。
前の社労士事務所の時に顧問先の社長と会う中で、「労務と会計はワンセットで考えないとベストなアドバイスができない」ということを痛感したんです。
そういった思いで転職活動をしていたのですが、ベンチャーサポートのホームページを見つけて、ここなら自分が希望していた「幅広い仕事をしたい」「会計と連動した仕事をしたい」という2つの希望が満たされるな、と思いました。

 

ベンチャーサポートへ転職してみて思ったことはありますか?

樋口

ホームページに載っていた社員のみんなの顔がすごくイキイキとしてたのも印象的で、「ここで働きたい」と思った要因の1つです。若い人が多くて同年代の人ばっかりなので、一緒に仕事をしやすいです。
ランチの時は仕事の話だけじゃなくて、遊びの話や趣味の話なんかも盛り上がります。同じ年代なので、子供の時に見たテレビとかちょっとしたことで大盛り上がりです(笑)

仕事はどのように行っていますか?

樋口

ベンチャーサポートはそれぞれのスタッフが社長に会いに行って、基本的には自分一人で対応するっていうスタイルです。ほんとにいろんな仕事ができますので、「幅広い仕事をする」という夢はすぐに叶いました。
でも、わからないことが出てくることもしょっちゅうです。そういった時は、わからない問題や判断の難しい問題をみんなで知恵を出して助け合ったりします。
ベンチャーサポートは仕事の上ではあまり「上司」「部下」みたいなものがなくて、関係なく「同志」みたいな仲間感覚で話せるので、わからないことなんかも “お互い様”な感じで相談できるのがいいですね。そこが個人の社労士事務所とはイメージが違うところでした。

仕事をしてやりがいを感じる時はどんな時ですか?

樋口

実際に自分一人で担当者として仕事をしてやりがいを感じるのは、お客さんから感謝される時ですね。だからもっと社長に感謝される仕事をしたいと日々思ってます。
今でも勉強することばっかりなんですけども、一つ一つ課題をクリアして、できなかったことができるようになった時は嬉しくなります。自分が成長できたなと感じられる瞬間は充実感がすごいありますね。楽しさと大変さって表裏一体なんだなと思ってます。

 

入社する前と後のギャップなどはありましたか?

樋口

入社する前は士業ということで、毎日黙々と仕事をするイメージがありました。
実際に入社すると正反対な感じで、「普通におしゃべりや雑談なんかもOKなフランクな雰囲気」でした。
社内の人にも気を配れる人が多いなと思いました。お客さんに気を配るのは当たり前のことなんですけど、社内でもスタッフに気を配ったりとか、周りの状況を読んだり自分から行動したりする人が多いですね。
「対人スキルの高さ」というのがビックリしたところです。これがそのままベンチャーサポートのスタッフのサービス品質につながってるんだろうな、と思ってます。

今後の目標などはありますか?

樋口

今 私が目指している社労士の理想は、社長から「この人に任せておけば大丈夫」という全幅の信頼を置いてもらえる存在になることです。
あと、仕事の話ももちろんなんですが、仕事以外の話もしてもらえると一人前になれたのかなと思ってます。誰にも話せない胸の内とか本音とか弱音とかを、素で対等に話してもらえるようになったら社長に認めてもらったんだなと思います。

higuchi1000230

 

これから入社する人に一言

樋口

これから入社する人に伝えたいのは、「会社の中で自分がどういう成長をできるか」というイメージがつくかが大事ということです。一人の専門家として、どうなりたいかを曖昧にしたまま働くのはもったいないと思うのです。私は自分のなりたいイメージに近づける働き方を大事にしてます。それが後悔しないと思うので。
自分の壁にどんどん立ち向かっていく気概があるのであれば、仕事の楽しさは感じられるようになるものです。最初からできる人なんて絶対に1人もいないわけですから、成長したいと思ってるのであれば何も遠慮することもなく挑むべきです。
あと、「どういう人と働くか?」も大事で、やっぱり職場の雰囲気は仕事の楽しさに直結しますね。ベンチャーサポートは社内説明会もあるので、ぜひ参加して、実際に自分の目で一緒に働く仲間を見て決めて欲しいです。