仕事内容
税理士法人と社労士法人が一体だからできる経営に即した提案

it2000329

税理士事務所と併設しているからこそ、できることがある

── 岩野さんと武田さんのお二人には、「税理士事務所と一緒の場所で働くこと」について語ってもらいたいと思います。岩野さん、武田さん、よろしくお願いします。

岩野

武田

よろしくお願いします。

岩野

ベンチャーサポートは税理士事務所と同じ場所で仕事をしてるんですが、武田さんは社労士だけの事務所と税理士と一緒に働く事務所って何が違うと思ってますか?

武田

税理士事務所と一緒にやってるので、会社の経営の状況をわかったうえで提案できますよね。今、絶対にやらないといけないこと、今はまだ提案する時期ではないことを考えられる。これは社労士事務所だけのところでは絶対無理で、税理士事務所と併設してるからこそ、より込み入った提案、コンサルティングができると思ってます。

i302373

岩野

そうですね。経営の状態がリアルにわかるんで、話をするときに的を得た話ができますよね。わたしも今まで何度もよかったなと思ったことがあります。経営の状況を知らなかったら、「これは労務的にやるべきです」の提案ばっかりになって、社長に「それはわかってるけど、今はできないんだよ」って言われただろうなと思います。

武田

逆に、経営の状態が良くなってきたときとかには、タイミングよく労務面の提案もできますよね。前に、退職金の導入提案とかもしたことがあるんですが、もともと従業員を大事にする社長さんだったんで、「今 !」ってタイミングで提案できて喜ばれました。

岩野

あと、労務と税務のワンストップのサービスが提案できますね。社長にとっては税金も社会保険もどっちも国にお金を払うものなんで、同じように思ってる人も多いです。そういう社長にはどこに相談したらいいのかを悩まないで済む、とにかく困ったらベンチャーサポートへ相談すればいいという安心感があると思います。

武田

そうですね。実際、わたしに税務の相談をされるときもありますし、逆に税務の担当者に労務の相談が来ることもあるみたいです。でも、それで良いと思います。社長にとって、一番楽な形ができてるんだと思うんで。

武田

労務と税務がワンストップでサポートできるっていうのは、「人とお金を抑えるサービス」を提供するってことだと思います。経営にとって、最重要な人とお金。この2つを完璧にサポートできれば、社長からの喜ばれる満足度も高いです。

岩野

あと、わたしたちスタッフについても、税理士事務所と一緒に仕事をしていると、税金でわからないことがあれば、聞きたいときにすぐ聞けるっていうやりやすさがありますね。社労士事務所だけだと税金でわからないことがあればどうすればいいの? ってなるんで、これも助かります。

t302373

武田

わたしは年末調整とか確定申告とかの細かいところをすぐ聞けるのは助かってます。特に確定申告で処理するような内容がわかると、年末調整の作業もスムーズになりますね。

岩野

そうですね。税金の疑問がすぐにわかるっていう安心感と、税金の知識が増えるっていう成長の2つの面で、近くに税理士スタッフがいるのはメリットですね。

武田

わたしは、社長への向き合い方や、社長の悩みを一緒に相談できるし、一緒に切磋琢磨して高めあっていける関係ができてるのも良いなと思ってます。2対1で社長と面談したときに、法律をこう噛み砕いて伝えるのか、こうやって社長の気持ちをつかむのか、という同じ士業としての社長との接し方を盗めます。これは本当に、自分の成長スピードが速くなるなと感じてます。

岩野

税務部門のスタッフはお金について社長と話すんで、自然と悩み相談も聞き出せるチャンスが増えますよね。やっぱりお金の悩みが社長の中で大きいと思うんです。特に起業してすぐのお客さんは、お金の悩みを一緒に話せるパートナーの存在は大きいと思います。その受け答えを一緒に同席したときに聞いてると、自分の勉強になりますね。

武田

逆に、経営が軌道に乗った社長はだんだん人の悩みの比率が増えますよね。そういうときは、わたしたちの出番だし、実際に同席した税務スタッフから「勉強になりました」って言われたこともあります。

岩野

税理士と社労士は、一緒に仕事をするとお客さんにとっても、私たちスタッフにとってもメリットが大きいですね。これはベンチャーサポートの特徴のひとつですね。

it1000230
インタビュースタッフ Interview
  • 岩野さん
  • 武田さん
  • 仕事内容
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • 募集要項