仕事内容
サービス業としての社労士ってどういうこと?

hh2000329

社労士の仕事って「総務」じゃないんだ

── 巴山さんと樋口さんのお二人には、「社労士の仕事」について語ってもらいたいと思います。巴山さん、樋口さん、よろしくお願いします。

巴山

樋口

よろしくお願いします。

巴山

私たちの仕事って間違えたらダメなのが、「総務」のお仕事じゃないってことですよね。

樋口

うん、そこはすごい大事だなと思います。企業の総務ってイメージで言うと、社内で書類作成とかの作業をやってる感じですよね。社労士も書類を作ったりするけど、そこを一番大事な仕事と考えちゃうとサービス業じゃなくなるよね。

hc302373

巴山

ベンチャーサポートって入社したら結構早い段階でお客さんの社長に会いにいくんですよ。そのときに社労士として求められるのが、サービス業としての視点なんですよね。総務的というか、社内業務的な視点ではなくて。

樋口

そうですね。わたしの失敗の話なんですけど、最初、サービス業としての社労士っていう意味がよくわからなかったんです。

はじめて担当になったときって、何をしゃべっていいのかもわかってなかったんで、法律通りのことをそのままお客さんに伝えたんですよ。でも社長さんから、「なんか違うなー」っていう反応をされることが多くて。そんな反応が続いちゃうと、ただただ怖くなるんですよね、お客さんの前に出るのが。

「何の力にもなれてないんじゃないか」って思っちゃったし、それが「悲しい」「悔しい」って気持ちになってたんです。

巴山

すごいわかります。私も同じ経験をしました。お客さんは、本やネットで調べられる法律上の答えを知りたいんじゃないんですね。

樋口

そうなんです、先輩に相談に乗ってもらったりしてわかってきたんですが、社長って「それはわかったから、じゃあうちはどうすればいいの?」っていう解決策を求めてるんですね。

巴山

そうですね、受け身じゃなくて提案型になってはじめてサービス業。法律をしゃべるだけではダメ。あと伝え方とかも大事で、経営者の気持ちとかをしっかり理解して共感してないと伝わらない。正しければOKというわけではないんですよね。

hn302373

樋口

私は今でも話す前に「こういうしゃべり方で伝わるかな?」って頭で考えますね。「労基法ではこうなってるんですけど、今はまずはここから順番に変えていきましょう」みたいに、会社のことを考えて伝えているというのをわかってもらえるよう意識してます。

巴山

共感をしながらしゃべるとか、受け取り手の気持ちを敏感に察知しながらしゃべるとか、こういう細かいところが「サービス業の社労士」と「総務」の違いですよね。

樋口

はい、そう思いますね。気遣いとか、空気を読むとかが社労士ってムチャクチャ大事。顧問先が口に出さないことを察したり、気持ちの予測とかをしっかりできるようになれば、サービス業としての社労士業務ができてると言えるんじゃないでしょうか。

巴山

ベンチャーサポートでは、このあたりをとても重視してるので、もちろん労務知識がないというのは問題外だけど、労務知識だけではダメだし、知識と気遣いの両方を身に付けてられるように成長できる事務所だと感じてます。

樋口

総務部のように作業を社内で淡々とこなしたい、という人にはベンチャーサポートは合わないかもしれないですが、外に出て社長と話をしたい自分の力を試したいっていう人には最適な環境だと思いますね。

hh1000230 
インタビュースタッフ Interview
  • 巴山さん
  • 樋口さん
  • 仕事内容
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • 募集要項